Box Customer Award Japan 2021

10/21(木)開催 13:00〜16:40

Box Customer Award Japan は本年で第二回を迎える、Box活用によってビジネスで成果をあげた素晴らしい取り組みをユーザー同士で共有し合うオンラインイベントです。
2021年度は、応募部門をビジネス部門とテクニカル部門の2テーマに増枠し、業種や企業規模を問わず、幅広く先進的な事例が登場!

明日から実践できる日ごろのBox活用や業務改善のヒントが満載です。

今年はあなたも審査員!新しい発見に溢れる各社の発表の中から、Box審査員と視聴者の皆様の投票でBox Customer Award Japanが決まります。

皆様のご参加を心よりお待ちしております!

タイムテーブル

  • 13:00〜13:10

  • オープニング
  • 13:10〜14:30

  • ユーザー様4社による発表:ビジネス部門
  • 14:30〜14:40

  • ビジネス部門視聴者投票
  • 14:40〜16:00

  • ユーザー様4社による発表:テクニカル部門
  • 16:00〜16:10

  • テクニカル部門視聴者投票
  • 16:10〜16:40

  • Award受賞式・クロージング

ユーザー様による発表

ビジネス部門

ただのファイル置き場としての利用だけでなく、Boxを利用して現場のビジネス課題を解決した事例

13:10〜

たたき上げ営業マンが一人で作ったBox Relay
~営業事務作業の効率化とペーパーレス化を実現~

川瀬 晃

オルガノ株式会社

プラント本部プラント管理部 課長
川瀬 晃

山田 真智子

オルガノ株式会社

情報システムセンター 主任
山田 真智子

社内に多くの「紙申請・捺印による承認フロー」が残っており、いかに早く全社的にペーパレス化を進めるかという課題がありました。
営業部門自らBox Relayを活用することで、ペーパーレス化、営業事務作業の効率化、それに伴うコストダウンを実現した事例をご紹介します。

飛び出せ社外!巻き込めステークホルダー!
Boxから始まる企業間業務改善

高山 百合子

株式会社マキタ

情報企画部 部長 高山 百合子

Box活用例の中でも魅力的な「企業間利用」。でも現場は予想外の連続で、企業や組織を超えて利用するのは大変です。挑戦したものの途中で諦めてしまったり、一歩踏み出せない企業様もいらっしゃるのではないでしょうか。本セッションでは私たちが遭遇した様々な壁、乗り越えた経験、思わぬ嬉しい成果などの取組事例をお話します。
目指せ憧れの企業間業務改善!Boxをきっかけに皆で周りの「仕方ない」を変えていきませんか。

オンライン・バックオフィスの作り方教えます。
Boxを活用して郵送物・押印・紙の処理を極限まで削減!

池田 稔

ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ株式会社

経営管理部 経営管理部長 池田 稔

バックオフィス業務をリモートワークに移行するには、オフィスに届く郵送物の処理を電子化する必要がありました。ケンブリッジでは「ファイルリクエスト」「Box Relay」を使い郵送物の電子化&WF化を実現。
また、パートナー企業との取引量増加による事務負荷の増加も課題でしたが、Box、Excel、電子署名サービスを上手く組み合わせることで低コストで解決。
具体的な機能と使いこなし方をご紹介します。

「Box活用コンテスト」で加速する社内のBox活用

樋口 洋子

日本ユニシス株式会社

情報システムサービス部企画室企画一課
樋口 洋子

寺迫 瞳

日本ユニシス株式会社

情報システムサービス部企画室企画一課
寺迫 瞳

部署ごとでBoxの活用状況に差が出ているという課題から、全社導入後1年半経過したところで「Box活用コンテスト」を実施しました。
コンテストでは、Boxの活用例を全社から募集し、表彰を行いました。
本セクションでは、「Box活用コンテスト」にて受賞したBox活用事例の中から、幾つかピックアップしてご紹介します。
また、現在の弊社の利用推進や利用状況についてもご紹介いたします。

テクニカル部門

Boxの大きな特徴である連携やAPI開発、Box Platformを利用して課題を解決した事例

14:40〜

日鉄エンジニアリングの鼻血ドバドバBox活用術

宮﨑 晴基

日鉄エンジニアリング株式会社

ICT企画推進部 シニアマネジャー 宮﨑 晴基

そのままでも便利すぎて鼻血がでるBox。より便利に使うために当社が実践中の様々な取り組みの中から、社内で評判がよかったものや「無料で」実現したものを中心に、いくつかの事例をご紹介します。連携したり、APIを使ったり、レジストリを書き換えたり。皆様のさらなるBox活用においてお役に立てれば幸いです。

Boxを使った安全でローコストな図面データの社外電子配布化

友岡 賢二

フジテック株式会社

デジタルイノベーション本部 常務執行役員 デジタルイノベーション本部長 友岡 賢二

これまで取引先に製作を依頼する際、当社図面を「紙」の媒体で配布していたが、いつ、誰に、配布したか、また図面改訂の際に配布済みの改訂前の図面回収も必要となり、印刷コストはもとより管理コストが大きくかかっていた。
これを取引先へ図面データを電子配布する仕組みに改定し、ブラウザやBox Driveを利用して、必要な図面を安全かつ即時閲覧できる環境を構築した。
閲覧権限やダウンロード制限、ダウンロードログ収集などBoxの機能を使い、セキュリティレベルを向上させることができた。

どこにいても、お仕事はいつものように 日立金属の次なる一歩

大越 久仁江

日立金属株式会社

情報システム本部企画部 主任 大越 久仁江

日立金属グループでは昨年のCustomer Award特別賞受賞を受けて、さらなるBox利活用を進めてきました。
今年は社内公募を実施して、ユーザ部門からも事例を募集。システム部門に頼らなくてもユーザ自ら考え実践し効果を上げている事例と、全社活動として取り組んでいるBoxPlatformを使ったワークフローシステムの山あり谷ありの展開と実績、FAX受信の集約化についてご紹介いたします。

セキュアなBoxをもっとセキュアに使いこなす!
数千社とのファイル共有を安全に利用する取り組み

中島 正太

山田コンサルティンググループ株式会社

管理本部 情報システム室 室長(シニアマネージャー) 中島 正太

セキュリティ面で高い信頼を得ているBoxですが、会社ごとに抱える情報セキュリティ上の課題やセキュリティポリシー、守るべき情報は千差万別です。
当社では数千ものクライアント様の機密性の高いファイルを常時やり取りしています。この大事な情報を守るために当社独自に設定しているセキュリティポリシーや課題に対して、Box APIやBox Relayの機能を駆使することで更にフィットさせていった取り組みを紹介します。

※内容および講演者は変更される場合がございます。予めご了承ください。

特別出演:昨年度受賞者様

柏崎 正彦

株式会社 東急コミュニティー

IT推進部 柏崎 正彦

山口 典彦

学校法人 創価大学

総合学習支援オフィス システム支援課 係長 山口 典彦

開催概要

名称
Box Customer Award Japan 2021
配信日時
2021年10月21日(木)13:00~16:40
会場
オンライン開催
※視聴URLなどの参加方法はお申し込み完了後に別途メールにてご案内します。
定員
1000名
対象
Boxを既にお使いいただいているユーザーの方やBoxを使った新しい働き方に興味がある方
※競合製品の取り扱い企業およびその関連会社の方、同業他社、個人の方からのお申込みはご希望に添えない場合がございますので予めご了承ください。
主催
株式会社Box Japan
参加費
無料(事前登録制)
お申込み
本フォームにてお申し込み
お問い合わせ
Box Customer Award Japan 運営事務局
メールアドレス:customerawardjapan@box.com